潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
■ 2011.02.21 Mon. みなべ・田辺
2011年 02月 21日 |
No.1  ショウガセ    水温14〜15℃     透明度8〜10m

No.2  ショウガセ    水温14〜15℃     透明度8〜10m


調査&撮影ダイブしてきました〜!
一本目はオオカワリ、二本目はウミウシ探し。
収穫いっぱいでしたよ〜!



e0158261_6432073.jpg
親子?オオカワリ
簡単に説明しますと、オオカワリたちは移動中に体の一部がちぎれ、
そこから新しい個体ができるらしいです。
って事は、この子はまさに産まれたての個体なんかな?





e0158261_6432630.jpg
双子?オオカワリ
では、この子たちはどうしてこうなっちゃったんやろ?
もしかしたら、最初は上の写真のように親子状態やったんやけど、
くっついたまんま、小さい個体が大きくなったんで、
このような双子状態になったんかもしれませんね。。。
「木登り」に続き、新たな謎や〜!!!





e0158261_6433020.jpg
ナガハナダイyg.
深いところでキンギョハナダイyg.にまじって泳いでました。
キンギョのおチビちゃんと見分けがつきにくいですが、
よーく見るとこっちの方が若干派手なんですー!





e0158261_6433610.jpg
アナモリチュウコシオリエビ
この種にしてはめちゃめちゃでっかい個体で、
しかも近づいても全然ひっこみませんでした。
ちょいと弱ってたのかなあ。。。





e0158261_6434694.jpg
オショロミノウミウシ属の一種
毎年みかけるんですが、未だに和名はないようです。。。
緑のコケムシの上にいたんで、色が映えますねー!




e0158261_7351317.jpg
ヒロウミウシ
3個体くっついてまーす。
他にも一匹オオカミの子や、ペアでラブラブ中の子など...
とにかく大量発生中です。
それらを根気よく、探し続けていると...

 ↓
 ↓
 ↓

e0158261_6435188.jpg
ミナミヒロウミウシ
ごくごくたま〜に「当たり」に出会えます(笑
ヒロウミウシとの違い、分かりますかー?
四葉のクローバーを探す気分ですわー!!!





e0158261_6435686.jpg
ツノザヤウミウシ
いました、いました!
実は最近、目撃情報を聞いてたんですよー!
しっかりしたサイズで見応え十分でしたよー!


そして...近くにはミズタマウミウシもいたらしいです。
ピカチュウはうじゃうじゃおるし、カンナもちらほら、
となると残るはあの赤いヤツ...

探したるでー!!!
by tanabenoumi | 2011-02-21 20:36 | みなべ・田辺 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : http://tanabeumi.exblog.jp/tb/14288290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2011.02.22 Tue.... ページトップ 2011.02.19. Sat... >>
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon