潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
カテゴリ:串本( 4 )
|
|
2012年 08月 31日 |
No.1 備前
No.2 マリンセンター前ビーチ

ウニとナマコだらけのビーチで、
体験ダイビング中のゲストが僕のスレートを奪い書いたのが...

「ウニとナマコがこわいです。。。」

って...そない言われても、どないもできひんので...

「どっちも美味いで〜!」

って返しときました。。。(*^_^*)


今日は久々に串本へ、
ファンダイブゲスト2名と体験ダイブゲスト2名を連れて行ってきたで〜!


e0158261_1934019.jpg
無音 photo by DAIKI
この写真、めっちゃ魚写ってるけど、
なーんか静かな感じ、しません???
そういうイメージで撮ってみてんけど、どうかな?





e0158261_1934266.jpg
初一眼 photo by 糊さん
いつも来てくれてる糊さんに、
勝手にデジ一貸してみました...(-^〇^-)
こーんなカワイく撮っちゃってー!





e0158261_1934524.jpg
泳ぐ魚も... photo by 糊さん
ご覧のとおり、バッチリです。
さあ、一眼、いっときましょー!!!
いつでも見積もりしまっせ〜(笑





e0158261_1934793.jpg
どっちでしょー? photo by DAIKI
ウニとナマコがこわい言うたんはどちらの方でしょうか〜?
答えは...言わんときますね〜(笑
それにしてもこのビーチ、よう餌付けされてるみたいで、
びっくりするくらい魚が寄ってきます。
クサフグに囲まれたんも初めてやし、
クマノミなんか、もう家がどこか分からんくらい、
イソギンチャクから離れて寄ってきたわ〜( ̄个 ̄)



潜水屋DAIKI
2012年 01月 12日 |
No.1  住崎       透明度20〜15m  水温19〜18℃
No.2  グラスワールド  透明度20〜15m  水温19〜18℃


南紀シーマンズクラブさんでガイドの集まりあったので、
2年ぶりに串本エリアを潜って来ました〜!

串本町にはしょっちゅう行ってるんですが、
いっつも串本エリアを素通りして、須江エリアばっか潜ってるもんで...(笑

でもさすが串本、透明度良く、水温も高く、魚種も豊富で楽しかったです〜!

写真は...
普段全く潜ってない海やし、
他のガイド陣がどんな潜り方してんのかめっちゃ気になってソワソワしてたし、
マスクとったり、踊ったりせなアカンかったし...(笑
で、全然ダメダメでした。。。

実は夜、撮った写真みんなで見せ合うって言うてたから内心ドキドキしてたんやけど、
大宴会でみんな早々にエエ気分になって、うやむやになっちゃったんで、
正直、めちゃめちゃホっとしました。。。(笑

ってな訳で、どうにか見せられるの4枚載せときますね〜!


e0158261_6395218.jpg
ハナゴンベです。
ポワンとした雰囲気出したくて、
ややスローシャッターで撮ってみました。
が...う〜んって感じやわ〜。。。





e0158261_6395874.jpg
ハナキンチャクフグの背びれです。
これもイメージとはほど遠いなあ。。。
もっともっとフォトジェニックに撮りたいです〜!





e0158261_640357.jpg
フィコカリス・シムランスです。
マリンステージ串本店の谷口くんが教えてくれました〜!
以前にこの串本で見た事あったけど、それよりはるかに大きい個体でした。
エエとこにのってるし、めっちゃ粘りたかったんやけど、
時間切れでー。。。残念。。。





e0158261_64085.jpg
カゴカキダイです。
ワイドも持っていってて良かったー!
ちょいと群れを追いかけて、彼らが逃げるところを、
ややスローシャッターで撮ってみました。


う〜ん、串本エリアもええねえ。。。
たまには行っとかなアカンなあと思いました。

リクエストあれば、連れてくでー!


潜水屋DAIKI
2010年 02月 07日 |
No.1 住崎      07:45→08:40 max23.8m ave16.8m 16~17℃ vis20~25m

No.2 双島沖北の根  10:05→11:00 max25.9m ave14.9m 16~17℃ vis20~25m


昨日からのゲスト3名と午前中に2ボートしました〜!
須江より水温が2℃近く高く、透明度もベリーグッド!
串本ブルーを堪能できました!!!

写真には撮ってませんが、ハタタテダイやヨスジフエダイたちが群れており、
でっかいスジアラたちやアオブダイも泳ぎまくっておりました。
そうそう、小ぶりのエイも何枚か目撃したよ〜!!!


e0158261_9563190.jpg
橋杭岩
早朝、サービスに行く前にちょっと時間があったので寄り道。。。
雲があったので日の出は拝めませんでしたが、キレ〜でしたよ〜!




e0158261_9581670.jpg
クダゴンベ
大きさから想像するに、まだ若魚かも。。。単独でおりました。
バックに海を持って来られる場所にいるのがいいですね〜!




e0158261_100894.jpg
ミドリリュグウウミウシ?
指示棒との比較で分かるように、かな〜りのおチビちゃんです。
このままの模様で大きくなればミドリリュウグウですが、
な〜んか違うような気がしております。。。




e0158261_1013653.jpg
フィコカリス・シムランス
ゴミではありません。モエビ属の一種です。2mmくらい。
イソギンチャクモエビのようにシャチホコポーズ決めてます。
そして抱卵してます。卵はなんとなく分かりますか〜?
と言う訳でこの個体は♀で、近くに♂もおりました。
こんなのもいるんやねえ。。。




e0158261_1043227.jpg
ミナベトサカガザミ
ユビノウトサカの枝元?をちょっとめくってみたら、恥ずかしそうにしてました。。。(笑
後ろ足を上手に使ってトサカをひっぱり、自分の身体をトサカの中に埋もれさせるんです。
なんて器用な子なんでしょ〜!!!




e0158261_1092348.jpg
ウデフリツノザヤウミウシ
この個体と近くにもう1個体おりました。
ちょうど食事終了したみたいで、移動開始してました〜!




e0158261_10101569.jpg
サガミリュウグウウミウシ
あいかわらずデカかったです。
出会う度にキモイとキレイの境界線を味わってます。。。(笑




e0158261_1012093.jpg
ハダカハオコゼ
あくびの瞬間を激写!やるねえ〜!
もうちょっと撮りやすい場所にいてくれたらなあ。。。
岩の隙間に頭向けてたんですよ〜。。。




e0158261_1017779.jpg
セスジミノウミウシ
串本でも発生してました。
まもなくミノミノシーズン到来でしょうか〜?




e0158261_10175061.jpg
ミカドウミウシ&ウミウシカクレエビのペア
エビにとっては、最高のアトラクション!
振り落とされたら命はないでしょう。。。
魚たちが手ぐすね引いて待ってますから〜(笑





e0158261_1021595.jpg
今日のランチ
串本町にある水門まつりで食べました。
地元で穫れた魚ですから、文句なしに美味でした。
あっと言う間にたいらげてしまい、さらに追加注文を。。。(笑




e0158261_10253331.jpg
ログ付けのおとも
「甘い物は別腹」ってよく言いますが、これはただの迷信ではなく、
ちゃんとした根拠があるらしいです。。。ま、んな事はどっちでもよくて、
とにかくログ付けには必要不可欠なアイテムなのです(笑


いや〜、二日間ガッツリ食ったな〜!
あ、ガッツリ潜ったな〜。。。(笑
2010年 01月 27日 |
No.1 吉右衛門     07:40→08:35 max25.3m ave17.1m 17.6℃ vis20m

No.2 双島沖2の根   10:05→11:00 max31.5m ave15.9m 17.7℃ vis20m

No.3 グラスワールド  13:05→14:05 max18.5m ave14.5m 18.0℃ vis15m


串本エリアに調査&撮影ダイブに行ってきました。
晴天、凪、蒼い海、全て揃ったベストコンディション。

おまけに、勝手に魚影が薄いと思っていたら、
良い方に期待を裏切られ、群れ続出!!!

マクロは一眼で、ワイドはコンデジ(ムービー)で、
大忙しの贅沢3ダイブでした〜!!!


本日の撮影機器
<静止画>(注:一部トリミングしてます)
カメラ:Nikon D300(Mモード、ISO200)
レンズ:TOKINA AT-X M35 PRO DX 35mm F2.8(オートフォーカスで使用)
スロトボ:INON Z-240×1(マニュアルで調光)
ハウジング:anthis Nexus D300

<動画>
カメラ:Panasonic LUMIX DMC-TZ7
ライト:Fisheye FIX LED1000DX(マクロ撮影のみ使用)
ハウジング:Panasonic DMW-MCTZ7





e0158261_1384216.jpg
アオギハゼ
沖縄に行けば普通種。串本でもそこそこいるらしく。。。
でも、みなべ・田辺では2〜3回しか見た事なかったです。
今度は105mmで大きく撮りたいなあ。「仰ぎハゼ」





e0158261_13143121.jpg
クリアクリーナーシュリンプ
とある暗がりにい〜っぱいおりました。たぶん30尾くらい。。。
こんなにいっぱいいるのに出会ったの初めてかも。。。
一斉にクリーニングされたら昇天してしまうんちゃうかな(笑





e0158261_13171520.jpg
ガラスハゼ
ちっこいちっこい個体でした。
冬空に一匹、なんだか寂しそうだったので、
思わず撮ってあげたくなったのです。。。





e0158261_13182661.jpg
ウロコマツカサ?
なのかな?図鑑で調べる限りはたぶんそうだと思われます。
今日使った35mmレンズは、こういうの撮るのに向いてますね〜!
そこそこ大きさのある個体を、環境をからめての撮影です。





e0158261_13223128.jpg
ヒオドシユビウミウシ
今日出会った中で、一番うれしかった子でした。
なので別のブログに詳しく載せちゃいました。
→→→コチラをどうぞ〜っ!





e0158261_13303198.jpg
ミチヨミノウミウシ
エサであるヒドロ虫に乗っかっている、二個体のおチビちゃんを発見。
どちらも2mmくらいでした。
上のヒオドシもすぐ近くにいたので、同じヒドロ虫を食べていたのでしょう。。。





e0158261_13422356.jpg
オイランヨウジ
ちっちゃな穴をのぞくと、そこには。。。
単体でしたが、しっかりした大きい個体でした。
相手、見つかるといいなあ。。。





e0158261_13445261.jpg
ウミウシカクレエビ
30cmはあろうかという、巨大ミカドウミウシにペアで住んでました。
ミカドの二次鰓の模様がめっちゃキレイで、
エビをより一層ひきたたせてますね〜!





e0158261_1347765.jpg
青いカニダマシ
昨年から日本初記録かと噂になってる、
「青いカニダマシ」をようやく見て来ました。
同定ができておらず、現時点ではカニダマシの一種としか分類できないそうです。
と、ここまで知っておきながら、周りを泳いでいるたくさんのお魚さんたちに心奪われ、
こんなテキトーなショットしか撮ってません。。。(笑





e0158261_13562322.jpg
ハナゴンベyg.
先日、須江で出会った子よりひとまわり大きいかな?
でも、35mmではこれが限界でした。。。
しっかし、いつ見てもカワイイねえ〜!





e0158261_13573216.jpg
アカハラヤッコ
きっとここでは普通種なんだと思われますが、
臆病者でなかなか岩陰から出てこないんです。
こういう子に出会うと、じっくり時間をかけて、
出てくるのを待って撮るのがと〜っても好きなんです。





e0158261_13594726.jpg
タツノイトコ
ペアでいて、もちろん「一緒に仲良く」のシーンを狙ってたんですが。。。
格闘しているうちにタイムオーバーとなってしまいました。
次回は最初にトライやな〜!




ラストは動画をお楽しみ下さい。
ワイドな串本で〜す!!!


ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon