「ほっ」と。キャンペーン
潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
<   2009年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 01月 29日 |
晴れ 波ほとんどなし 最高気温15℃ 水温15〜16℃ DAIKI


No.1 ミサチ(透明度10〜12m)

谷間の深〜い所にいました。。。ミノウミウシの中でもキレイどころのひとつです。

e0158261_605088.jpg
ミチヨミノウミウシ photo by たっきー

あとはウミウシはコミドリリュウグウばかり(笑。カイメンガニや模様のキレイなコシオリエビsp.がおりました。水深を上げてコケギンポやゼブラガニ、イガグリ&ヒロ&キカモヨウ&アカボシなどの定番ウミウシなどを見て、このウミウシの所へ。

e0158261_612224.jpg
ミナミヒョウモンウミウシ photo by たっきー

いつ見てもこの擬態名人には感心してしまいますね。そして今日もmm単位のピンクアメフラシを見てエキジットしました〜!


No.2 ショウガセ(透明度12〜15m)

まずはニシキフウライウオへ。今日もバッチリ同じ所をキープ。近くにはかなり成長のよろしいピカチュウや、小さいですがじっくり見ればなかなかキレイなシロイバラウミウシ、そしてこの貝もおりました。

e0158261_621394.jpg
トラフケボリ photo by ふみひこさん

早めに根の上に戻り、ゲストにはマツバギンポやタスジウミシダウバウオ、タテジマヘビギンポなどと遊んでもらいつつ、探す事数分。。。

e0158261_625033.jpg
キンチャクガニ photo by たっきー

やった〜!今日もおりました〜!これで3回連続発見成功!!!実は結構な数がいるのでは???


No.3 中島(透明度12〜15m)

斑点がキレイなマダライロウミウシやソフトコーラルをついばむ?アオサ&アミメハギなどを見ながら移動していると。。。

e0158261_634434.jpg
コケギンポ photo by ふみひこさん

コケギンポはやっぱオレンジが最高です(笑。威嚇しまくってくれました。さらに移動しつつ、ムラサキウミコチョウ、サラサ、ホクヨウウsp.、センヒメ、フジエラミノ、シロイバラなどのウミウシや、微動だにしないミヤケテグリ、オキナワベニハゼなどを見て、ラストはこの子です。

e0158261_641227.jpg
ヤマドリ photo by たっきー

あ〜求愛シーンが見たいっ!♂の背鰭全開が見た〜いっ!!!
2009年 01月 26日 |
晴れ 波少しあり 最高気温7℃ 水温16〜17℃ DAIKI


No.1 南部出しアーチ(透明度12〜15m)

一本目はアーチにエントリー。透明度が良く中層に泳ぐ魚たちがはっきり見えました。コケギンポがひとつの岩に数個体いたのでゲストに見せようと思ったら、そこにトウモンウミコチョウも。。。迷わずそちらを見せてしまいました(笑

その後、お目当てのゴルゴニアンピグミーシーホースをじっくり観察。シロイバラウミウシ、アカツメサンゴヤドカリ、オルトマンワラエビなどを見て根の近くに戻り、先日発見したイボヤギミノウミウシ(2個体になってました)、はぐれクマノミ(かくれではありません)、キリンミノ、それからこのエビ&幼魚ちゃんなど。。。

e0158261_725444.jpg
ムチカラマツエビ photo by DAIKI

e0158261_7261940.jpg
スミツキベラyg. photo by ゆかさん

でっか〜い成魚サザナミヤッコに遭遇、すぐにどっかに泳いでいってしまいました。。。あ、極小yg.が穴の奥におりましたよ〜!!!


No.2&3 ショウガセ(透明度12〜15m)

2&3本目はショウガセへ。昨日いなくなったと思われたこの子、ちゃ〜んといてくれて一安心。ほんまにキレイな個体ですわ〜!!!

e0158261_7294311.jpg
ニシキフウライウオ photo by ゆかさん

ピカチュウはあちこちにいて、移動中の子や食事中の子などよりどりみどり。サイズもいろいろ取り揃えております(笑)ライチュウことカンナツノザヤウミウシはショウガセ初見参。他には大きなタコやタテキンyg.、水深24mのオオカワリ×4個体などを見て来ました。また、甲殻類もいっぱいで、アカホシカクレエエビ、ナカザワイソバナガニ、イボイソバナガニ、ゼブラガニ、それからこの3種です。


e0158261_7334891.jpg
ベニサンゴガニsp. photo by ゆかさん

e0158261_7335684.jpg
モンハナシャコ photo by ゆかさん

e0158261_734442.jpg
キンチャクガニ photo by DAIKI

ラストのキンチャクガニ、久々の登場で〜す!でも観察してる間に岩の隙間に逃げ込んでしまって。。。次見られるかどうか、ビミョーです(笑
2009年 01月 25日 |
晴れ 波少しあり 最高気温7℃ 水温16〜17℃ DAIKI


No.1 ビーロック(透明度10〜12m)

一昨日より水温と透明度が若干低下気味でしたが、問題なく潜れました。中層はあいかわらずイサキyg.が群れ群れ状態。さらに今日は少し遠かったですが、大きなスジアラも5〜6匹悠々と泳いでました〜!


e0158261_6414048.jpg
カンナツノザヤウミウシ photo by ちあきちゃん

お目当てのセトリュウが残念ながら不在だったのですが、このカンナちゃんがなんと二個体に増えてました!でもまだ小さいので繁殖は無理かも。。。順調に大きくなって交接シーンを目撃してみたいですね〜!他にはシロ、アオ、ニシキ、コミドリ、シロイバラ、イガグリなどのウミウシに出会えました。。。


e0158261_6463060.jpg
トウシマコケギンポ♀ photo by たぐっちゃん

アンカー付近の巣穴にいる、いつもの子です。顔の大きさを測ってみました。5mmでした(笑


e0158261_6491447.jpg
サキシマミノウミウシ photo by DAIKI

この子もアンカー付近にいました。シンプルな配色ですが、とてもキレイなミノさんですね〜!!!


No.2 ショウガセ(透明度12〜15m)

ニシキフウライウオ狙いで行ったんですが。。。不在でした。。。朝はいたらしいのに、一体どこへ行ってしまったんでしょうか???


e0158261_6514965.jpg
ウデフリツノザヤウミウシ photo by たぐっちゃん

代わりと言ってはナンですが、ピカチュウがいました。モチモチのお肌に、サイズも手ごろな個体でしたよ〜!


e0158261_654342.jpg
アカホシカクレエビ photo by 青忍さん

よくいる子ですが、ちょっと変わったイソギンチャクにいて、とても目立っていました。これだと魚たちもクリーニングしてもらいに来やすそう?


e0158261_6552481.jpg
クロヘリアメフラシ photo by たぐっちゃん

出ました。極小ピンクアメフラシです。3mmです。アヤニシキという植物を探せば見つかります。今はまだこんなに小さいですが、もう少しすればある程度のサイズになって、と〜ってもカワイイですよ〜!!!
2009年 01月 23日 |
晴れ 波あり 最高気温12℃ 水温17〜18℃ DAIKI


No.1 ビーロック(透明度15m)


e0158261_8305835.jpg
photo by DAIKI

今日もブルーでした!!!水温もさらに上がっていたのでお魚さんたちも元気いっぱい泳ぎまくっておりました。。。が、そんな青くてキレイな海をよそに、本日はウミウシオンリーダイブしてました〜(笑)


e0158261_835970.jpg
セトリュウグウウミウシ photo by ましゃさん

う〜ん、何度見てもキレイなウミウシですね〜!今シーズンはかなり高確率で出会えそうですよ〜!!!他にも先日出会ったカンナツノザヤウミウシが健在。ニシキウミウシはうじゃうじゃ。シロイバラウミウシもちらほら。アオやイガグリ、キイロ、シロなどの定番も確実に数が増えておりま〜す。


No.2 ロングアーチ(透明度15m)

今シーズン初のウミウシトンネルへ突撃〜!合計15種に出会えました。その中の4種をご紹介します。大きさに注目して下さい(笑


e0158261_8465038.jpg
ホムライロウミウシ(16mm) photo by DAIKI


e0158261_8473776.jpg
センヒメウミウシ(8mm) photo by ましゃさん


e0158261_8481679.jpg
ミカドウミウシ(4mm) photo by ましゃさん


e0158261_8484830.jpg
不明種(2mm) photo by ましゃさん


お気づきになりました?大きさが半分になってってます(笑)ラストの子は小さすぎて同定不能ですが、生まれたてのキャラメルウミウシではないかと思います。。。かな〜りマニアックなダイブですが、一度ハマると病みつきになりますよ〜!!!
2009年 01月 22日 |
雨のちくもり べたなぎ 最高気温12℃ 水温16〜17℃ DAIKI


昨日より水温&透明度ともに上昇!天気はもひとつでしたが、風も波もなく、なかなかのグッドコンディションでしたよ〜!


No.1 ショウガセ(透明度12〜15m)


e0158261_6315061.jpg
ニシキフウライウオ photo by LOCO-Kさん

ついに登場です。ようやく出て来てくれました。そしてもちろん今シーズン初です。やはり一年に一度は見たい魚ですね〜!これからいろんなポイントで見つかる可能性もありますが、とりあえずみたい方はお早めに〜!


e0158261_6364747.jpg
ナマコマルガザミ photo by LOCO-Kさん

ナマコのお尻に住んでいるカニさんです。比較的よくいますが、今日の個体はこれまで見た中でもかなり大きめの子で、お尻に入りきらないくらいでした(笑


e0158261_6394743.jpg
タテジマキンチャクダイyg. photo by LOCO-Kさん

ここ最近の水温の低下でいなくなったかな〜と思っていたら、ちゃ〜んと元気にしてくれてました。成魚も極稀に見られる事もありますが、若魚は未だ見た事がなく。。。このまま成長していって欲しいものです。


No.2 南部出しアーチ(透明度15〜18m)


e0158261_643835.jpg
ゴルゴニアンピグミーシーホース? photo by LOCO-Kさん

久々に見に行ったら、ちゃ〜んといてくれました。しかもペアで!!この子を観察していたらどこからともなくもう一匹がやって来て、何度も何度も二匹が交差してくれるんですが。。。残念ながら最後まで一緒になってはくれませんでした〜。。。いつの日が必ずペア写真を撮らせてもらいたいです。


e0158261_6452559.jpg
トウモンウミコチョウ photo by LOCO-Kさん

毎回と言う訳には行きませんが、このウミウシもここでは比較的良く見られます。このサイズ(数ミリ)にして、この模様。何度見ても感動してしまいます。。。


e0158261_6465314.jpg
イボヤギミノウミウシ? photo by ましゃさん

このあたりではあまり見かけない、レアなウミウシだと思われます。一見ウミウシだか何だか分かりませんが、よく見るとちゃ〜んと触角があって。。。ウミウシだと気づく訳です(笑
2009年 01月 21日 |
雨 べたなぎ 流れ少しあり 最高気温11℃ 水温15〜16℃ DAIKI

雨でしたが風&波ともになく海面はとてもおだやかでした。どちらのポイントもやや流れがあって、二本目は水温&透明度ともに少し上昇していたので、もしかしたらこれから良くなってくるかもしれません。。。

No.1 ミサチ(水温15℃、透明度8m)

e0158261_5571590.jpg
ボウズコウイカ? photo by LOCO-Kさん

エントリーしていきなり登場してくれました。ご覧のように威嚇のポーズをとりながら一定の距離を保ちつつ移動しています。こちらも勢い良くおいかけなければ逃げないのでじっくり観察できますよ〜!


e0158261_5593731.jpg
キカモヨウウミウシ photo by LOCO-Kさん

比較的よく見られるウミウシで、今日も2個体に出会いました。触角と二次鰓の色がグリーンですが、茶色の子もたまにおります。一見地味ですがよく見ると結構カワイイ?かったりします。


e0158261_616180.jpg
コミドリリュウグウウミウシ photo by LOCO-Kさん

このウミウシも今の時期はよく見られますが、数センチサイズの大きめの個体はそうそう多くありません。この個体は3〜4センチあって肉眼でもしっかり観察できる子でした。


e0158261_618357.jpg
サガミリリュウグウウミウシ photo by RC2号さん

手のひらサイズのサガリュウです。配色といい、二次鰓の形といい、この子を見るたびに海中生物の多様性を感じずにはいられません。「お見事〜!」と言いたくなってしまいます。


e0158261_6201867.jpg
ガラスハゼ photo by LOCO-Kさん

水温の低下とともに一気に個体数が減っているこの子たちですが、この個体はしっかりペアで元気に暮らしておりました。先日は卵も産んでいて、今日見るとなくなっていたので無事にハッチアウトできたと思われます。寒さに負けず頑張ってほしいですね。


No.2 ロングアーチ(水温16℃、透明度10m)

まずまず見えており、イサキうじゃうじゃやクロホシイシモチ&ハタンポ大群などもバッチリ見る事ができました。大きいイシガキフグも群れに混じって気持ち良さそうに泳いでいたり、普段岩にへばりついてるカサゴの仲間も流れに乗って自慢のヒレを広げておりました〜!

e0158261_626353.jpg
カンナツノザヤウミウシ photo by LOCO-Kさん

全く同じ場所にいたので、先週土曜日に発見した個体で間違いないと思われます。ただ、先日の写真との違いは周りにあったコケムシがいっさいなくなっている事。そうなんです、この数日間で全てこの子が食べ尽くしてしまったのです。おそらくこの後移動して、新たなエサを探すのでしょう。。。大きさも先日より確実に大きくなってました。
2009年 01月 18日 |
晴れ 波ほとんどなし 最高気温12℃ 水温15〜16℃ DAIKI

あいわらず水温が低く、しかも透明度も低下。。。本日は気合いのマクロダイブとなりました〜!

No.1 ショウガセ(透明度6〜10m)

e0158261_614189.jpg
ベニハナダイ♀ photo by むっちゃん

久々にベニハナダイの♀に会いました。知らない間にすっかり大きくなっていてビックリ。しかもうっすらと♂の模様が出ているような気が。。。少し前はもう1個体確認できていたので、もしかするとまだ近くにいてそれを意識して♂になりかけているのかもしれません。今後に期待です!


e0158261_6361221.jpg
スジハナダイ♂ photo by うえむらちゃん

スジハナダイは結構な個体数がいて、しっかりハーレムを作っているんですが、その中でもこの子が一番大きな個体です。今日は見られませんでしたが、よく婚姻色になって♀に求愛している姿も見られますよ〜!


No.2 ビーロック(透明度8〜10m)

e0158261_6383322.jpg
カンナツノザヤウミウシ photo by うえむらちゃん

二日続けての登場はゲストのむっちゃんが見つけてくれました。昨日とは違うポイントですから、ちょうど今が今シーズンの出始めかもしれませんね。あとはミズタマにツノザヤに。。。探しまくりますよ〜!!!


e0158261_6411582.jpg
コトヒメウミウシ photo by むっちゃん

カンナのすぐ近くにいた子です。このウミウシは大きく分けて模様が2パターンあり、今日の個体は派手な?方です。そう、これでも派手なんですよ〜(笑


e0158261_643012.jpg
クダヤギクモエビ photo by むっちゃん

ある程度水深をとれば比較的よく見られるエビさんですが、なにせ小さくヤギの奥まった所にいるので、見やすい個体が意外に少ないんです。。。この子はそんな中でもとっても見やすい個体でした〜!


No.3 沈船(透明度6〜8m)

e0158261_6452863.jpg
マンジュウヒトデ&ヒトデヤドリエビ? photo by むっちゃん

今日も沈船のカベはウミウシいっぱい、15種確認できました!でもそれより驚いたのがこのヒトデ、このあたりの海ではあまり見られないんですが、内湾のこのポイントにいるとは。。。ちょっとビックリしました。ただ、残念ながら、エビはこの一個体しかついてませんでした。。。
2009年 01月 17日 |
晴れ 波あり 最高気温10℃ 水温15〜16℃ DAIKI

No.1&2 ショウガセ(透明度8〜10m)

今日は一本目と二本目に連続でショウガセにエントリーしました。やや濁りがあったものの、ご覧のようにオオカワリギンチャクは満開でした〜!!!

e0158261_1885464.jpg
オオカワリギンチャクの群生 photo by こうじくん

そしてその周りには甲殻類やウミウシたちが続々登場しております。ただ深いので長居は出来ませんが。。。

e0158261_1894422.jpg
ホシベニサンゴガニ photo by DAIKI

e0158261_1810190.jpg
ジボガウミウシ photo by DAIKI

中層ではスジハナダイやクダゴンベ、浅場ではイサキの群れにキンギョハナダイのハーレム、ミツボシクロスズメダイうじゃうじゃ&元気なクマノミなど、寒さに負けずい〜っぱいおりましたよ〜!!!


No.3 ロングアーチ(透明度8〜10m)

ラストはロングアーチへ。ここも魚の数がとても多く、イサキにハタンポにイシモチたちがわんさかおりました。岩の隙間には結構大きいこの子も。。。

e0158261_18103651.jpg
イシガキフグ photo by こうじくん

またトンネル内には以前から住みついている?この子が健在でした。すっかり大きくなって来ましたが、まだ幼魚の模様のまんまです。

e0158261_1811478.jpg
カンムリベラyg. photo by DAIKI

他にはオレンジ色のコケギンポが数個体。小指サイズのかわいいピカチュウに極めつけはこの子です。今シーズン初登場!!!

e0158261_18115722.jpg
カンナツノザヤウミウシ photo by DAIKI

さあ、ウミウシおもしろくなって来ましたよ〜!!!
2009年 01月 15日 |
晴れ 波あり うねり少しあり 最高気温7℃ 水温16〜17℃ DAIKI

No.1 ビーロック(透明度10〜12m)

陸は真冬です。。。ボート上では手袋がいりました。でも潜ってしまえば全然問題ナシ。うねりも少し水深をとれば全く感じませんでした。

e0158261_1653571.jpg
イサキyg.の群れ photo by DAIKI

e0158261_16534745.jpg
サガミリュウグウウミウシ photo by DAIKI

e0158261_16541584.jpg
シュスヅツミガイ? photo by DAIKI


e0158261_16551940.jpg
キサンゴカクレエビ photo by DAIKI


e0158261_16554317.jpg
アカスジカクレエビ photo by DAIKI


e0158261_1656375.jpg
ガラスハゼ photo by DAIKI

ビーロック、なかなか生物が豊富でしょ〜!この子たち以外にもまだまだいてるんですよ〜!今イチオシのポイントで〜す!!!


No.2 南部出し(透明度10〜12m)


No.3 沈船(透明度6〜8m)
2009年 01月 12日 |
晴れ 波あり 最高気温7℃ 水温17〜19℃ DAIKI

No.1 灘島(透明度8〜10m)

本日は強風&波高いため一本目は灘島の島影にエントリーしました。砂地と岩場の境目あたりでのんびりマクロダイビング。ウミウシはあまりいませんでしたが、ご覧のような絵になる子たちがいましたよ〜!

e0158261_7374573.jpg
セボシウミタケハゼ photo by vallfishさん

e0158261_7383271.jpg
オドリカクレエビ photo by おかそらさん

e0158261_739794.jpg
コケギンポ photo by vallfishさん



No.2 天神崎ビーチ(透明度6〜8m)

二本目はさらに風と波がすごくなってきたので、ボートは断念して天神崎ビーチへ。いつもならどんなに北風が強くてもベタナギなんですが。。。今日は少しうねりが入っていてユラユラ揺れてました。。。

e0158261_7404023.jpg
ヒメギンポ♀ photo by CHACOさん

e0158261_7412184.jpg
ホシハゼ photo by おかそらさん

e0158261_741594.jpg
シロハナガサウミウシ photo by CHACOさん

そんな海況の中でも楽しんでくれた本日のゲスト様、ほんとにありがとうございました〜!!!
ページトップ
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon