潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
<   2009年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
|
|
2009年 06月 29日 |
くもり時々雨 うねり少しあり 最高気温29℃ 水温23℃ DAIKI

本日は講習のため天神崎ビーチと一本だけ中島にエントリーしてきました。
ビーチはとても穏やかで透明度5〜8m、水温は25℃。
中島は透明度6〜8m、ややうねりありでした。
他のポイントは中島よりニゴリがあり、うねりも大きかったそうです。。。

と言う訳で本日は画像がありませんので、
先日撮影したコチラでお楽しみ下さいませ。


動画「ヒレナガカンパチとイサキyg.の群れ」
2009/06/27 南部出しにて


2009年 06月 28日 |
晴れ 波少しあり 最高気温28℃ 水温22〜23℃ DAIKI

う〜ん、気づけばニゴリがヒドクなっとります。。。
まいったなあ。。。

No.1 ビーロック(透明度8〜10m)

e0158261_524783.jpg
ボブサンウミウシ×2 photo by LOCO-Kさん
ペアかどうかは分かりませんが、
仲良く食事中でした(笑



e0158261_593169.jpg
キサンゴカクレエビ photo by おかそらさん
ビーロックに行くとほぼ毎回見にってるんですが、
大きくなってる気配もなく、
相手もなくひとりぼっち。。。なのです。



No.2 ロングアーチ(透明度6〜8m)

e0158261_535175.jpg
キミシグレカクレエビ photo by アーズーミンさん
ムチカラマツエビによく似てますが、
ビミョーに違います。
すぐ近くにムチカラマツエビもいますんで、
見比べてみて下さい!



e0158261_551962.jpg
イセエビ photo by アーズーミンさん
なぜか普通に壁にへばりついてました。
キレイなソフトコーラル見たさに、
出て来ちゃったのでしょうか?



e0158261_563364.jpg
ホソウバウオ photo by LOCO-Kさん
普段はウニがいる所の奥に隠れてますんで、
なかなか見る機会がないですが、
ごくたまに見える位置にいる事もあります。。。
見られればラッキー!?



No.3 南部出し(透明度5〜8m)

今日もネジリンボウはバッチリでしたが。。。
昨日のカエルアンコウがいなくなってました〜。。。
近くにいてくれればいいんですが。。。



No.4 高島(透明度5〜8m)


e0158261_5111731.jpg
ジャパニーズピグミーシーホース
  photo by おかそらさん

今日はハナタツペアとこの子に出会えました。
あいかわらずよ〜泳ぎます。
あ、ライトを当てるからか〜(笑
2009年 06月 27日 |
晴れ 波ほとんどなし 最高気温29℃ 水温22〜23℃ DAIKI

No.1 ショウガセ(透明度8〜10m)

e0158261_4443523.jpg
コケギンポ photo by でっとさん
イバラカンザシ畑の豪邸に住んでる子です。
真っ赤から、やや青味がかった赤色になってきました。
そして体には少し斑点も入ってきてます。
つまり、普通の配色に近づいてる???



No.2 コーラルシティー(透明度6〜8m)

キンメモドキ、終了しておりました。。。
でもきっと別の場所に移っただけだと思うので、
捜索するつもりです!


No.3 ビーロック(透明度8〜10m)

e0158261_4453916.jpg
シロタエイロウミウシ photo by DAIKI
繋がっちゃってますが、
まずまずキレイなハート?



No.4 南部出し(透明度6〜8m)

e0158261_4463143.jpg
ネジリンボウのペアとコトブキテッポウエビ
  photo by LOCO-Kさん

今日もよう寄れました。
エビもペアで見られたら言う事ナシっ!



e0158261_4473664.jpg
カエルアンコウyg. photo by DAIKI
砂地の中州におりました〜!
親指のツメくらいのカワイ〜子です。
多分ザ・カエルアンコウのおチビちゃんだと思われます。



e0158261_4481990.jpg
タカベの群れ photo by こうじくん
根の周りを彩る群れのひとつ。
タカベのイエローはほんといいですよね〜!



e0158261_4485959.jpg
イサキyg.の群れとカンパチ photo by こうじくん
一匹だけでしたがカンパチ登場。
イサキたちがついて行ってる様子は、
逆にカンパチが追っかけられてるみたいでした(笑
2009年 06月 26日 |
晴れ 波ほとんどなし 最高気温29℃ 水温21〜23℃ DAIKI

今日も浅い所は透明度が良くなかったです。
が、ニゴニゴッて訳ではないので、十分楽しめますよ〜!

No.1 ショウガセ(透明度8〜12m)

e0158261_16532042.jpg
ケヤリムシとオオカワリギンチャク photo by Yokotaさん
単体だとシックな配色のケヤリムシも、
オオカワリの中だと存在感バツグンです!



e0158261_1654399.jpg
ネコジタウミウシ属の一種 photo by DAIKI
この子もオオカワリのお花畑の中におりました。
でもあまりにちっちゃすぎて、一緒に撮れません(笑



No.2 ビーロック(透明度6〜8m)

e0158261_16583170.jpg
アカネコモンウミウシ photo by Yokotaさん
久々に出会いました。
キレイだしレアだし、うれしかったなあ。。。



e0158261_16593177.jpg
ウデフリツノザヤウミウシ photo by DAIKI
こちらもお久でした。
夏でもピカチュウが見られるって良いですね〜!



No.3 南部出し(透明度6〜8m)

e0158261_1704790.jpg
ネジリンボウ photo by Yokotaさん
今日はめ〜っちゃ寄れましたよ〜!
紅白のコトブキテッポウエビと共生してました。



e0158261_1714184.jpg
イソコンペイトウガニ photo by Yokotaさん
いなくなったと思っていたんですが、
今日何気にのぞいてみたらおりました〜!
ホストにそっくりなんで、分からなかっただけかな?
2009年 06月 25日 |
晴れ うねり少しあり 最高気温28℃ 水温23℃ DAIKI

水面から水深10mくらいまでは何も見えませんが、
そこから下はまずまず見えてました。
この後、どうなるかなあ。。。ちょっと心配です。。。

No.1 ミサチ(透明度6〜10m)

e0158261_653367.jpg
アワシマオトメウミウシ
深いところにゴロゴロおりました。
どうやら特定のエリアで大量発生してるみたいです。



e0158261_664299.jpg
トルンナ・プルプロペディス
まだ和名がなく、学名しかないレアな子です。
年に2〜3回出会いますね〜!



e0158261_67501.jpg
コクテンカタギyg.
この魚もみなべ・田辺エリアでは超レアです。
ずっといついてくれればいいのですが。。。



No.2 高島(透明度6〜8m)

e0158261_610312.jpg
ハナタツ
今日はこの子にしか出会えませんでした。
他の子達、どっかいっちゃったのかなあ。。。



e0158261_6105078.jpg
コウイカの仲間
親指大のコウイカの仲間です。
一瞬で岩に同化してしまうんで、見失うと大変です。



e0158261_611467.jpg
シロタエイロウミウシ
まだハートどころか、何も模様がついてない、
小さい小さい個体です。


All photo by DAIKI
2009年 06月 22日 |
くもり時々晴れ うねり少しあり 最高気温27℃ 水温23〜24℃ DAIKI

No.1&2 ビーロック(透明度12〜18m)

あんまり面白いんで、2本続けてビーロックへ行っちゃいました〜!
本日の目玉はこれだ〜っ!!!



大人のイサキ群れ群れにクエが2匹。
しかも透明度良好。これぞまさに海って感じです。


e0158261_1158191.jpg
産卵中のサラサウミウシ photo by かっつぁん
細〜い枝状のモノに上手に産みつけてました。
ウミウシと言えど必死さが伝わってきます。



e0158261_120359.jpg
トラフケボリ photo by かっつぁん
毎度おなじみトラ模様の貝です。
今年はタイガース調子悪いなあ。。。(笑



e0158261_1205520.jpg
イボイソバナガニ photo by かっつぁん
鼻(突起)が著しく短いので♀かな?
ライトを当てると眩しいのか、登り出しました。。。


詳しい生物情報は和歌山海通信に書いてま〜す。


No.3 ロングアーチ(透明度10〜12m)

久々にウミウシトンネルに行ってみましたよ〜!

e0158261_123452.jpg
アンナイボウミウシ photo by かっつぁん
素通りしてしまうイボ系ウミウシの中で、この子は別格です。
なんとなく模様がカッコイイから、ただそれだけです(笑



e0158261_1251414.jpg
メキシクロミス・マリーイ photo by かっつぁん
今シーズン出会ったのは、この子で4個体目ぐらいかな?
そろそろ和名の欲しいトコロですね〜。



e0158261_1261524.jpg
フジナミウミウシ photo by かっつぁん
最近はどの子も結構大きくなってきて観察しやすいんですが、
この子はまだまだ小さいです。
真夏にはいいサイズになってるかな?


詳しい生物情報は和歌山海通信に書いてま〜す。
2009年 06月 21日 |
くもり時々晴れ うねり少しあり 最高気温27℃ 水温24〜25℃ DAIKI

うねりで底の方は少し濁り気味でしたが、
それ以外は今日もブルーでしたよ〜!!!

No.1 ビーロック(透明度18〜20m)

e0158261_1828083.jpg
オオモンカエルアンコウ photo by たっき〜
白いカエルくん、復活だ〜っ!
でもクダゴンベyg.の真上はキケンだよ〜(笑



e0158261_1829924.jpg
ハシナガウバウオ&卵 photo by たっき〜
貝殻に卵を産んで、必死に守ってます。
ここだと結構安全かな?



e0158261_18312068.jpg
ビーロックブルー photo by けいこちゃん
エキジット直前のダイバーたち。。。
こんなに青い海だと上がりたくなくなっちゃいますね〜!



No.2 ショウガセ(透明度15〜18m)

e0158261_1834011.jpg
ビシャモンエビ photo by ☆hiro★さん
短いムチカラマツに住んでました。
でも彼には十分な大きさのお家です。



No.3 中島(透明度6〜10m)

e0158261_18355454.jpg
フチベニイロウミウシ photo by けいこちゃん
田辺ではあまり出会えない子です。
5cmくらいの大きいウミウシですよ〜!



e0158261_1837157.jpg
クチナシイロウミウシ×2 photo by たっきー
この2個体の位置関係は。。。
たぶん、交接後でしょう。。。
2009年 06月 20日 |
くもり 波&うねり少しあり 最高気温26℃ 水温23〜24℃ DAIKI

一本目は田辺スーパーブルー!!!
でも一本目で終了しました(笑

No.1 ショウガセ(透明度15〜20m)

いや〜、やっぱブルーは最高やで〜!!!

e0158261_1754172.jpg
オオカワリギンチャク×4 photo by ☆hiro★さん
水深25mにあるオオカワリ4個です。
なかよくキレイに並んでました〜!



e0158261_17562045.jpg
タカベyg.の大群 photo by ☆hiro★さん
青い海にタカベがドバーッと来ました!
最高でしたよ〜!!!



No.2 中島(透明度10〜12m)

ここもまずまず見えていたので、
本日はソフトコーラルを眺めながら浮遊ダイブ。
クロダイの群れやキビナゴの群れ、
キンギョハナダイ&ソラスズメダイの群れがキレイでしたよ〜!


No.3 南部出し(透明度6〜8m)

いきなりニゴリ。。。なのでいつものマクロダイブです(笑

e0158261_1812917.jpg
テンスyg. photo by ☆hiro★さん
砂地の上をヒラリヒラリ。。。
うねりも手伝っていつも以上に舞ってました。



e0158261_1832697.jpg
ハナアナゴ photo by ☆hiro★さん
砂から出て、少し移動して、
また砂に潜る。。。面白いですよ〜!



e0158261_1841982.jpg
ゾウゲイロウミウシ photo by DAIKI
暗がりにいました。
ひっそりと咲く花のよう。。。



e0158261_1851914.jpg
アカツメサンゴヤドカリ photo by DAIKI
根の上のサンゴの中におりました。
うねりに必死に耐えてます。。。
2009年 06月 19日 |
晴れ 波ほとんどなし 最高気温27℃ 水温22〜23℃ DAIKI

少し透明度アップ〜!
中層は15m以上見えてる所もありましたよ〜!

No.1 ミサチ(透明度10〜15m)

卵を抱えたイセエビに、ツユベラの赤ちゃん。
泳ぐムラサキウミコチョウ、
擬態上手なイソコンペイトウガニもおりましたよ〜!


e0158261_5411232.jpg
アデヤカゼブラヤドカリ photo by ましゃさん
岩の隙間の暗がりにいます。
もうちょっと全身出て来て欲しかったのですが。
今日はこれが精一杯でした〜。



e0158261_5442736.jpg
クマノミ&卵 photo by みちみち
根の上のクマノミランドにて。
まだ産みたての新鮮卵です(笑
注)近くで見てると親に攻撃されます。



No.2 コーラルシティー(透明度10〜15m)

キンメモドキたち、以前に比べて移動しまくってくれます。
ほんとにそろそろ引っ越ししちゃうのかも。。。


e0158261_5472255.jpg
ヒメセミエビ photo by DAIKI
大人でも10cmくらいにしかならないヒメセビエビ。
仲良く寄り添う小さき2個体は、
めっちゃかわいかったです。



e0158261_5493562.jpg
ウスイロウミウシ産卵中 photo by ましゃさん
こちらも大人で1cmあるかないかの小さい子です。
しっかり産卵してました。



No.3 南部出し(透明度10〜15m)

根の周りはあいかわらず魚だらけでした。
でも今日は砂地で長居してみました〜。


e0158261_553072.jpg
カラッパの仲間 photo by DAIKI
何カラッパか分からなかったのですが、
砂地に転がってました(笑
まさに石ころです。。。



e0158261_555058.jpg
ネジリンボウ photo by DAIKI
今日出会えたネジリンボウはこの子だけでしたが、
トラギスにビビッて一度ひっこんでしまたものの、
その後は、めっちゃ出て来てエサを食べまくってました〜!
おかげでじ〜っくり観察できましたよ〜!!!
2009年 06月 18日 |
晴れ 午後から波あり 最高気温27℃ 水温22〜23℃ DAIKI

No.1 ビーロック(透明度10m)

e0158261_61615.jpg
ツマグロモウミウシ photo by DAIKI
ゲスト発見のミニミニウミウシです。
サイズは2~3mmでした〜!


詳しい生物情報は和歌山海通信に書いてま〜す。


No.2 高島(透明度10m)

e0158261_61873.jpg
コノハガニ photo by ましゃさん
ピンク色のコノハガニです。
なんか、怪獣チックでカッコよくないですか〜?



e0158261_620270.jpg
ハナタツ♂ photo by tomaaさん
お腹周りがスッキリした♂です。
もう子育てしないのかなあ。。。



e0158261_621834.jpg
ハナタツyg. photo by ましゃさん
ちっちゃいハナタツもいました〜!
ここはほんとにハナタツ団地ですわ〜!!!



e0158261_6233490.jpg
ジャパニーズピグミーシーホース photo by ヒレカツさん
そしてジャパピグも今日はペアで登場!
この子のお腹、大きいですね〜!


詳しい生物情報は和歌山海通信に書いてま〜す。


No.3 沈船(透明度6〜8m)

e0158261_6253053.jpg
ニシキハゼ photo by ヒレカツさん
沈船の隣にある、巨大魚礁の下の砂地におりました。
ひっさびさのご対面で、うれしかった〜!!!


詳しい生物情報は和歌山海通信に書いてま〜す。
ページトップ
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon