「ほっ」と。キャンペーン
潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
<   2010年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧
|
|
2010年 05月 31日 |
No.1 ショウガセ     水温 22.5℃  透明度10〜15m  やや流れあり

No.2 ショウガセ     水温 23.1℃  透明度10〜15m  やや流れあり

No.3 南部出しpart2   水温 22.4℃  透明度10〜15m  やや流れあり


本日は調査&撮影ダイブ。
透明度&水温ともにアップしてますよ〜!
特に水温はかなり上昇していて、ウエットでも問題ないくらいでした。

ただ流れが...そんなに速くはないのですが、
ショウガセではダウンカレント(上から下に流れる)っぽくて...
「みなべ・田辺」ではあまり経験した事なかったので、
ちょっと怖かったですー!



e0158261_1959121.jpg
ハナタツyg.
すぐそばにオオカワリがあるのに、
ちょろちょろ動くんでバックに入れられん...





e0158261_19592088.jpg
ジョーフィッシュ
この種にしてはちょっと小さめの個体。
口内保育、してくれるかなあ...





e0158261_19592933.jpg
アワシマオトメウミウシ
見た瞬間おもわず笑ってしまいました。
アイスキャンディーみたいやったもんで...





e0158261_19593790.jpg
ヒメキンチャクガニ
めーっちゃ久しぶりに出会いました。
ペアでいるの、分かりますかー?





e0158261_19594584.jpg
クダゴンベ A
この子がゴンベくん(仮称)だとすると、
5mほど離れたところに↓↓↓





e0158261_19595342.jpg
クダゴンベ B
クダ子ちゃん(仮称)がおります。
ってどっちが♂か♀かも分からないんですが、ペアになって欲しいですねー!





e0158261_200126.jpg
ミナミヒョウモンウミウシ
愛しのウミウシ登場です(笑
めっちゃ立派なお家?に住んでました。





e0158261_20094.jpg
ネジリンボウ
パート2はハゼ出まくり。
ネジリン&ヒレナガはこれでもかっちゅうくらいおりました。
ゲストがいる日曜日に出といてくれよー!





e0158261_2001870.jpg
ホタテツノハゼ属の一種
ちょっと背鰭が尖っているので♂でしょうか?
今度はペアで撮りたいなあ...





e0158261_2002695.jpg
オグロクロユリハゼ&ヒレナガ×3
あともう一匹オグロクロユリハゼが出てて、合計5匹いたんですが、
これが限界でした...いやー、これはかなり楽しかったですー!!!
2010年 05月 30日 |
No.1 南部出し     水温 21.1℃  透明度8〜10m

No.2 鹿島キャニオン  水温 20.7℃  透明度6〜8m

No.3 ミサチ      水温 20.9℃  透明度8〜10m


晴れ、波ほんの少しあり。

本日は6名ものゲストさまが来てくれました。
誠にありがとうございましたー!!!

南部出しで出会ったヒレナガネジリンボウたちは、
どの子も一瞬で引っ込んでしまったり、
キャニオンにはアオリイカが登場してくれなかったりと、
少々残念な事もありましたが...

マクロ生物いっぱいで今日も思いっきり楽しめちゃいましたよ〜!

そして、むっちゃん、500本おめでと〜!!!
エキジット5分前に思い出して良かった〜(笑



e0158261_1405665.jpg
ツバクロエイ
今日も砂地に登場です。
この子はデカかったです。両翼150cmはありましたよ〜!!!





e0158261_1461455.jpg
テンスyg.
ヒラヒラ泳ぐこの子を、スローシャッターで流し撮り!
kakiさま、やりますね〜!!!





e0158261_1462941.jpg
祝500
ほんまに思い出して良かった〜...
ガイドに集中しちゃうと、記念ダイブをついつい忘れてしまうんです。
って言い訳...(笑





e0158261_147351.jpg
センヒメウミウシ
色の濃い、グッドな個体に出会いました。うれしかった〜!
結構色がうすい個体が多いんですよー。。。





e0158261_1473595.jpg
イソコンペイトウガニ
体にトサカをくっつけてるの、分かりますかー?
いつも思うんですが、くっつける瞬間を見てみたいですー!





e0158261_1474987.jpg
ガラスハゼの卵
しっかり目ができていて、ハッチアウト間近です。
がんばれよ〜っ!!!





e0158261_1481138.jpg
ミナミハコフグyg.
1cmくらいの小さい個体でした。
でもこの子は小さければ小さいほどカワイイですねー!
正面顔、ナイス激写やで〜!!!





e0158261_1482832.jpg
イボイソバナガニ
角?鼻?が短いので、♀だと思われます。相方はいませんでした。
この種はペアで一緒にいるところはなかなか見られないので、
しばらく見守ってみたいと思います。





e0158261_1484375.jpg
キイボキヌハダウミウシ
食後だったのかな?お腹が少し色づいてました(笑
「あー食った食った」のポーズ???





e0158261_1485861.jpg
アカシマシラヒゲエビ
クリーニングしてほしそうなキンギョハナダイがいたのですが、
なぜか無視...(笑
もしかして、撮られたかったんでポーズ決めてる???





e0158261_1491184.jpg
カニダマシの仲間
一生懸命ネットを広げて、漁の真っ最中でした。
なぜだか妙に惹かれるんです、この仕草に...(笑





e0158261_1492677.jpg
クマノミの卵
おそらく今宵ハッチアウトかと...
元気で旅立っておくれよー!!!





e0158261_1494246.jpg
ミルキーロール
500本記念に他のゲスト様が用意してくれました。ありがとです。
まさにミルキー味のロールケーキでしたよ〜!
2010年 05月 29日 |
No.1 ショウガセ    08:35→09:15 max39.9m ave18.4m wt20.7℃ vis8〜10m

No.2 鹿島キャニオン  11:35→12:35 max17.8m ave14.0m wt20.0℃ vis8〜10m


本日はマンツーマンで2ダイブ。

快晴で陸上では思わず「んーっ、気持ちいいー!」と声に出したくなるくらい、
海も少し波はありましたが、まずまず見えていて良かったです。

流れのおかげで、魚たちが密集していて、
ワイド撮影にはもってこいのコンディションでしたよ〜!



e0158261_20553928.jpg
コガネスズメダイたち
他の魚達は密集状態だったのに、このコガネさんたちはバラバラ...(笑
でもそれもまた面白いですねー。
それとこの写真、ショウガセの地形が良く分かりますわーっ!!!





e0158261_2056213.jpg
オオモンカエルアンコウ
真っ黒けクン、今日は根の上で岩にへばりついて同化してました。
ころころ場所を変える、気まぐれヤローです(笑





e0158261_2056257.jpg
アオリイカの卵塊
残念ながらアオリイカが登場せず、卵のみ観察となってしまいました。
だから、せっかくなのでめっちゃ至近距離で撮影してもらいました。
このアングルだと、まるで果物みたい???





e0158261_20563947.jpg
アオリイカの卵
ここに卵を産み始めたのが今月初めですから、
最初のハッチアウトまであと1週間くらいだと思われます。
この卵、イカの形になってきてるの分かりますかー???





e0158261_627910.jpg
オルトマンワラエビのペア
やっぱオルトマンはウミカラマツ(バックの白い生物)がよく似合います。
そしてやっぱりペアでいる所を狙いたいですねーっ!!!





e0158261_6272651.jpg
クマノミの卵
早くも小さなお目目ができてました。
でも今回の大潮には間に合いそうもないので、
旅立ちは次の大潮かなー???





ウミウシ3種いきます。
どれも触覚&二次鰓バッチリ出てまっせーっ!!!

e0158261_20565223.jpg
ウスイロウミウシ


e0158261_2057657.jpg
リュウモンイロウミウシ


e0158261_20571918.jpg
イガグリウミウシ





ラストはお気に入りの場所で撮影してもらいましたー。

e0158261_2057344.jpg
キンギョハナダイの群れ
鹿島キャニオンの根の上は、今日も大賑わい。
キンギョにソラスズメに、アジyg.に...
そこに黄色のヘラヤガラや大きなハタ系など、
小さい根なので魚の密集度がとても濃く、ほんと絵になる場所ですわーっ!!!
2010年 05月 22日 |
No.1 南部出しpart2  08:30→09:30 max20.2m ave15.0m wt21.0℃ vis10m

No.2 ショウガセ    11:35→12:25 max39.9m ave17.0m wt20.8℃ vis10m

No.3 鹿島キャニオン  14:40→15:35 max19.5m ave15.6m wt21.4℃ vis8m


ゲスト3名と3ダイブ。

南部出しpart2の砂地にて、約10枚ものツバクロエイに遭遇!
今まで1ダイブで2枚すら見た事もなかったのに、
興奮を通り越してちょっとコワイくらいでしたよ〜!!!

あ、オマケにアカエイも3枚くらい見たなあ。。。
今年はエイの当たり年???



e0158261_20571015.jpg
ツバクロエイ
奥にもう1個体写っております。二匹の距離約2m。
こんな近くでツバクロ×2を見たのは初めてだったので、
それだけでうれしかったです...この2匹の関係やいかに???





e0158261_20572697.jpg
ネジリンボウ
南部出しpart2の砂地はツバクロエイだけじゃなく、
このネジリンボウ&ヒレナガネジリンボウも出てましたよ〜!
今シーズンも賑わいを見せてくれそうですよ。。。





e0158261_20573948.jpg
カエルアンコウ
「枯れ木に花を咲かせましょう〜!」
ウミシダとカエルアンコウが競い合ってオレンジの花を咲かせてました〜!





e0158261_20575299.jpg
クダゴンベ
この子と、すぐ近くにもう1個体。
前みたいに並んでくれる日を楽しみに待ってるよ〜!!!





e0158261_2058736.jpg
オオウミウマ
15cmくらいのそこそこのサイズ、肉眼では赤っぽく見えて、
面白い色だなあと思ってたんですが、ストロボを当てると微妙...(笑
せっかくええ所におるのにねー。。。





e0158261_20582141.jpg
キンチャクガニ
極小個体がおりました〜!!!
めっちゃちっちゃいでしょ〜!!!
でもしっかりイソギンチャクをフリフリしてくれて、
たまらんくらいカワイかったですよ〜!





e0158261_20583427.jpg
ウスイロウミウシ
5mmくらいだったかな?ウスイロにしては大きめの個体でした。
名前の通り、薄いブルーがいいですね〜!





e0158261_20584841.jpg
ヒュプセロドーリス・クラカトア
1cmくらいの個体、色はと〜ってもキレイだったんですが、
かなり弱ってる個体で...ちょっと心配になりました。。。





e0158261_2059064.jpg
アオリイカたち、その1
今日のアオリイカたちは、1ペアとそこにちょっかいを出す独り者の♂が4〜5杯。
♀を守るダンナ様が大忙しで、めっちゃ大変そうでした(笑
一番下の横向いてる個体が♀、すぐその上がお相手の♂、
そしてそれ以外がさみしー♂達で〜す!





e0158261_2059963.jpg
アオリイカたち、その2
同じく、一番下が♀、そのすぐ上が相手の♂、
それをとりまく、寂しいオトコたち。。。(笑
彼らのなんかアセってる感じが、ヒシヒシと伝わって来ましたよ...





では動画いきます。
題して「ツバクロエイ The Movie」でーす。




繁殖活動なんか見れたら、最高やろうなあ。。。
2010年 05月 21日 |
No.1 南部出し     08:40→09:35 max19.1m ave14.0m wt21.0℃ vis12m

No.2 ショウガセ    10:45→11:30 max28.6m ave16.1m wt19.4℃ vis15m

No.3 鹿島キャニオン  13:45→14:45 max18.8m ave14.5m wt20.7℃ vis10m


ゲスト2名と3ボートしてきました〜!
雨のせいで水面付近はニゴってましたが、少し降りればキレイな海が広がってて一安心。

南部出しではエイだけじゃなく、でっかいイサキの群れや、
ハタンポ大群に囲まれるようにクエがいたりの、何故か大物ダイブ(笑

ショウガセでは今日もコガネスズメダイやキンギョハナダイがたくさん群れていて、
ブルーな海にとっても映えてました。

鹿島キャニオンでは、アオリイカが今日は4ペア登場。
僕たちの目の前で、競うように卵を産みまくってましたー!
そしてその周りではイサキyg.が数万匹!?
時々キビナゴシャワーも通過!!!

ほんま、たまりまへんでーっ(笑



e0158261_19505784.jpg
ツバクロエイ
両翼1m以上ありましたーっ!
この時期、たまーに出会えるんですよー。
全く逃げません...





e0158261_19512164.jpg
アカエイ
最初じーっと動かなかったんですが、
近づくとやはり逃げ出しちゃいました。。。
泳ぎだすとめっちゃ速いですよー!





e0158261_1951424.jpg
テンスyg.
少し緑がかった個体は、
海藻が生える春の海にめっちゃマッチしてましたよー!





e0158261_19534895.jpg
キンギョハナダイの群れ
南部出しの根の上です。
いつもここは密集していて、絵になりますねーっ!





e0158261_1954979.jpg
アヤトリカクレエビのペア
先日、大きい個体のみアップしましたが、
ちゃーんとお相手がいて、仲良くしてます。





e0158261_19542699.jpg
オオウミウマ
久しぶりに会いました。
ってかこの付近に来たのが久しぶりなだけで、ずーっといるみたいですよー!





e0158261_19544219.jpg
キツネベラyg.
この子を見てると、
黒いパンツを履いてるように見えるんですよねー。





e0158261_19545954.jpg
キッカミノウミウシ
ショウガセの根の上にいる常連さんです。
もうどれくらいいるんだろう?
エサはまだまだあるんで、長生きしてほしいですねー!





e0158261_19551296.jpg
キビナゴシャワー
アオリイカ10杯の周りにイサキyg.数万匹、
そしてそこを通過して行くこの子たち...
大スペクタクルが展開されてましたーっ!





e0158261_19552569.jpg
アオリイカ&イサキyg.たち
こーんな感じで、アオリイカのバックは常にチビッコイサキたちでした。
もう、どこを観ていいのやら、分からなくなるほどでしたよーっ!!!


アオリイカ産卵ショー、まだまだ続いてまっせーっ!!!
2010年 05月 18日 |
No.1 ショウガセ    10:00→10:40 max39.9m ave20.8m wt19.5℃ vis8〜20m

No.2 ショウガセ    11:45→12:25 max39.9m ave15.8m wt21.1℃ vis8〜20m

No.3 鹿島キャニオン  13:50→14:45 max19.5m ave14.6m wt22.3℃ vis10〜12m


本日は調査&撮影ダイブです。

ショウガセは水面から水深30m付近までは、水温23℃・透明度20mオーバーのスーパーブルー。
そして水深30mより下は、水温19℃・透明度8mの初春のような海でした。。。

面白かったのがその二層の水の境目で、幅にして2〜3mなんですが、
ほぼ何も見えないヘビーなニゴリだったんです。

一瞬それ以上下におりるのを躊躇しましたが、
突き抜けてしまえばまた周りが見えて来たのでホッとしました。

なぜそうまでして、下まで行ったかと言いますと...



e0158261_1601036.jpg
オオウミウマyg.
この子に会いたかったからなのでーす!
昨日のログでハナタツかな?と書きましたが、
やはりよく観察してみると違う事が分かり、
おそらくオオウミウマの幼魚だろうと言う事になりました。。。
大きさは5cmくらいで、とにかくめーっちゃカワイイですよー!





e0158261_1601959.jpg
フトスジイレズミハゼ
ショウガセの根の上のくぼみにいる、僕の中ではスーパー常連さんです(笑
今日はライトを当てても、思いっきり近づいても穴の奥に逃げるような事はなく、
目の前でずーっと食事しておりました。
おかげでその瞬間を激写できましたよーっ!!!





e0158261_1603684.jpg
イガグリウミウシ交接中
真っ白けのイガグリさんです。
なぜかショウガセの深い所には黄色が脱色してしまったような、
このタイプの個体がとても多いんです。。。
まさか、オオカワリにイエローを奪われてしまった???





e0158261_1602773.jpg
ヘリシロイロウミウシ
オオカワリ付近でよく出会う、ジボガウミウシだろうと思ってよく見てみたら、
触覚と二児鰓が黒じゃなくてうっすらオレンジ色してました。
なのでジボガではなくヘリシロイロなのです。
この水深で見たのは初めてやなあ。。。





e0158261_1604532.jpg
ムラサキウミコチョウ
大きい大きい個体でした。
と言ってももちろんこの画像ほど大きくはないですが...(笑
しばらく観察してると羽を広げようとしていたので、
飛ぶ瞬間が激写できるのでは!?とかなり期待しましたが、
結局これが限界でした。。。
そういや飛んでる個体は見た事あれど、飛ぶ瞬間は今まで見た事ないなあ...





e0158261_160539.jpg
トラフケボリ
久々に虎模様が見たくて数カ所探してみると、ちゃーんといてくれました。
そういや今年はトラ年でしたねえ...
ちなみに干支って、年賀状書く時くらいしか思い出さなくないですか?





e0158261_161374.jpg
アヤトリカクレエビのペア
久々に見に行くと、変わらず仲良くしてました。
そういやこのエビの抱卵してるのって見た事ないなあ。。。
いつか見てみたいですねー!





e0158261_1611157.jpg
イソコンペイトウガニ
いるかなーと思ってトサカを数カ所のぞいてたら、
小さめで色もキレイな個体がいてくれました。
トサカの場所も良く、思わず青抜きしちゃいましたー!





e0158261_1611942.jpg
コシオリエビ属の一種
指のつけ寝根に薄紫色の点が2つずつあるのが特徴です。
この点のおかげで、以前違うポイントで見た事もちゃーんと覚えてました。
印象的なコシオリエビですねーっ!





e0158261_1612762.jpg
アオリイカの卵
昨日入れたばかりの産卵床に、今日は早速産みにきてました。
そうです。この卵はまさに産みたて卵。
うっすらと丸い粒が見えるのが分かりますかー?


他のポイントも気になるところではありますが、
なにせ今はショウガセ&キャニオンがめっちゃオモロイですー!
何度潜っても飽きる事がありません!!!
2010年 05月 17日 |
No.1 西崎サンゴ    08:35→09:35 max13.8m ave07.4m wt22.7℃ vis15〜18m

No.2 ショウガセ    10:40→11:30 max39.9m ave17.2m wt21.1℃ vis10〜18m

No.3 鹿島キャニオン  13:35→14:35 max16.4m ave13.2m wt22.4℃ vis10〜15m



マンツーマンでガッツリ3ダイブ。
まずは本日、一眼ワイドデビューした、
ゲストさまのブルーな写真をお楽しみ下さいませー!


e0158261_552189.jpg






e0158261_553957.jpg






e0158261_555052.jpg






e0158261_555959.jpg






e0158261_56720.jpg






e0158261_561522.jpg






e0158261_5124225.jpg



コンデジ時代にワイドも撮ってたとはいえ、素晴らしい写真の数々です。
ええ海にええ写真、それ以上細かな説明は必要ないですねー!!!
ありがとうございましたー!!!



さてと、それでは僕は動画で対抗させていただきますねー(笑

まずは群れ群れー!
ラストのイサキyg.は圧巻です。
ぜひ最後まで観てくださいませーっ!!!







続きまして、いつものアオリイカたち。
本日はいつも以上にいろんなシーンが目白押しです。
こちらもぜひぜひご覧下さーい!!!



そうそう、産卵床が卵でいっぱいになってるので、
いつもお世話になってるサンマリンさんが新たに産卵床を設置してくれましたー!
これでまだまだ観られるハズです。みなさんぜひぜひ観に来てくださいねーっ!





おっと、忘れてました。
この子にも出会ったんだった...

e0158261_6585125.jpg
ハナタツ?
一見ハナタツかな?と思ったのですが、少し違うような...
時間がなくてじっくり見れなかったので、次回しっかり見て来たいと思います。
ちっちゃくてカワイイ個体でしたよー!!!


今日も盛りだくさんの一日でしたー!!!
2010年 05月 16日 |
No.1 ショウガセ    10:20→11:15 max35.8m ave18.1m wt22.1℃ vis15〜20m

No.2 鹿島キャニオン  13:15→14:15 max23.9m ave13.8m wt22.5℃ vis15〜18m



水温&透明度、さらにアップ〜!!!
なのにノーゲスト...とほほ。。。

こうなったら思いっきり楽しんでやるーっ(笑

みなさん、エエ海続いてますから、ぜひぜひ遊びに来て下さいませーっ!!!



e0158261_4493016.jpg
ブルーです!!!
蒼くて、あったかくて、晴天で、
素晴らしい一日でした。。。





e0158261_4493757.jpg
ウミカラマツエビ
どこにいるか分かりますかー?





e0158261_4494526.jpg
ウミカラマツエビ
1枚目の個体より大きめの個体です。
これならバッチリ分かりますねー!
実はこのススキカラマツ?の中にいーっぱいいてるんですよー!





e0158261_4495279.jpg
アヤトリカクレエビ
あいかわらず「ずんぐりむっくり」してました(笑
ってか、さらに大きくなってきてるような。。。





e0158261_450048.jpg
キンチャクガニ
1cmくらいの個体です。
ちょーっとだけイソギンチャクを振ってくれました。。。





e0158261_45085.jpg
フジイロウミウシ
前にいっぱいいた所に見に行ってみたら。。。
やっぱり今日もいっぱい集まってました。
エサが豊富なんでしょうねー!





e0158261_4501662.jpg
スミツキベラyg.
2cmくらいの極小幼魚。
よく見ると、まだ半透明は部分があります。
しっかり育てよ〜!!!





e0158261_4502457.jpg
アオリイカのペア
♀が卵を産み終え、♂とともに去って行くところです。
おつかれさまでしたーっ!!!





e0158261_4503191.jpg
アオリイカの卵
もう産みつける所がないくらい、いっぱいになってます。
周りに小魚たちが集まってきていて。。。
もしかして卵を狙ってる???





本日はアオリイカ&群れの動画でーす。



ブリも登場したんですが、間に合わんかったー。。。
2010年 05月 15日 |
No.1 ショウガセ    10:15→11:10 max37.6m ave18.8m wt21.3℃ vis15〜18m

No.2 鹿島キャニオン  13:10→14:10 max19.7m ave13.4m wt20.8℃ vis12〜15m 



水温&透明度、大幅アップ〜!!!
陸も晴天で、めーっちゃ暖かく、ウエットでいけちゃいますよ〜!!!
あ、一応しっかりインナー類は着込んで下さいね。。。(笑



e0158261_5572537.jpg
アオリイカを取り囲む観客のみなさま
僕はノーゲストだったし、他に観客のみなさまがいっぱいいらっしゃったので、
撮影せず遠くから見てました。。。
数えてみたらアオリイカは最大12杯、集まったヒトも12人くらいだったなあ(笑




e0158261_5571613.jpg
守る♂1杯、狙う♂2杯
みなさまが去った後、ちょこっとだけ撮影。
ちょうど♀が卵を産みに産卵床の中に入っているところでした。
真っ白くなってる個体が、♀を守ってる♂で、
その後ろの2個体が狙っている♂たちです。





e0158261_5575433.jpg
キホシスズメダイyg.
成魚はフツーにそのへんを泳いでます。
でも幼魚はこんなにカワイイんですよー!
普通種にも愛を。。。(笑





e0158261_558227.jpg
求愛中のタテジマヘビギンポ
よーく観察してると、♂(右)が必死で求愛してると言うより、
♀(左)が誘いつつも近づいてきたら離れたりと、なんかめっちゃじらしてるようでした(笑
真相やいかに???





e0158261_558992.jpg
ウミウサギガイの仲間
いやー、キレイですねー!
このタイプの模様を持った個体はあまり見かけないような...
なので、めっちゃうれしかったですー!



ここからはいつものウミウシたちですよー!
いい加減、ウミウシ以外に新たな発見をしたいんですが、
まだまだ許してくれないみたいです。。。(笑

e0158261_5581791.jpg
大きなカワリの木の下で〜♪
まー、なんて素敵なところでラブラブしてるんでしょー!?
思わず歌っちゃいましたよー(笑
あ、交接中のフジイロウミウシさんたちです。





e0158261_5582582.jpg
ワイドマクロ風
ゾウゲイロウミウシです。なかなかエエところにいてくれました!
あくまで「風」ですから。。。(笑





e0158261_558334.jpg
青抜き
マダライロウミウシです。
立派な個体だったので、抜きやすかったでーす!





e0158261_5584160.jpg
二本線
ハナイロウミウシと言います。2本のラインが特徴です。
ちょいレアなので、出会えると小さくガッツポーズでちゃいます(笑





e0158261_558519.jpg
ブチューッ!!!
もちろんチューしてる訳ではありません。
アオウミウシを食べようとしているキイボキヌハダウミウシです。
でも横からでは...
結局アオウミウシの方がスピードが速く、逃げられちゃいました。



は〜、やっぱウミウシ、たまらんわ〜(笑
2010年 05月 13日 |
No.1 ショウガセ    10:30→11:25 max39.9m ave17.5m wt19.1℃ vis10〜15m

No.2 鹿島キャニオン  13:20→14:15 max17.2m ave15.2m wt19.2℃ vis8〜10m



本日も調査&撮影ダイブに勤しんでまいりました...

一本目はショウガセにて、普段あまり行かない場所を探索。
「これっ!」っちゅう発見はなかったですが、なんかいそうな匂いがプンプンしてました(笑
引き続き調査したいと思います。

そして二本目はもちろん、ただひたすらにアオリイカの産卵ショウを特等席で観ておりました。
彼らの命を懸けたシーンを、どのように写真で表現できるのか?
ただそれだけを考え、シャッターを切ってみました。。。




♂の闘い

e0158261_5344156.jpg


e0158261_535350.jpg


♀を必死で守る♂と、それを奪おうとする別の♂による激しい闘いです。
普段は産卵床から少し離れた中層で、バトルが繰り広げられる事が多いのですが、
この時は運良く目の前で闘ってくれました。
ややシャッタースピードを遅くして、臨場感を出してみました。





強奪

e0158261_5403656.jpg


これは正直、動画で撮りたかったシーンなので少々説明が要りますね。
一番上に写っているのが♂で、真ん中にいる小さい個体が♀。
実はこの2個体がペアリングして、産卵をしていたりしたのですが、
一瞬のスキを突いて別の♂が♀に接近し、交接し始めたのです!
子孫を残すための彼らのしたたかさを、強く感じずにはいられませんでした。。。



よりイカたちを目立たせるために、3枚ともあえてモノクロにしてみました
人に何かを伝えられる写真には、まだまだほど遠いですが、
少しでも何かを感じてもらえればうれしく思います。


でも、本音を言わせてもらえば...

これは絶対、ライブで観てもらいたいです。
彼らの熱いエネルギーを一番感じられるのは、ライブをおいて他にはないような気がします。

みなさまのお越しを、ぜひぜひお待ちしております。
ページトップ
XML | ATOM

skin by excite

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon