潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
■ 塾二日目☆みなべ・田辺
2018年 05月 22日 |
No.1 ショウガセ
No.2 マリンアーチ
No.3 コーラルガーデン

 透明度15〜10m 水温21〜20℃

超スパルタ塾二日目!!!

一本ごとに上達してきて、写真を撮るのにも余裕が生まれ、
それがいい作品づくりに繋がっていきます☆

HIME、二日間おつかれさまです。
次回の特訓も楽しみに待ってます〜(^▽^)

e0158261_07090164.jpg
(PHOTO HIME)
1本目はディープでの浮力調整を兼ねてここへ!
以前より少し大きくなって、数も増えてきたチビオオカワリ。
なるべく密集していっぱいいるところを撮ってもらいました〜♪





e0158261_07090695.jpg
(PHOTO HIME)
マリンアーチのツートンヤギ☆
紫が大部分を占めててツートンさを感じなかったけど、
以前より元気になってくれてたのがなによりでした。
ひとつのポリプにしっかりピンを持ってくるのもええけど、
こんな風にほとんどのポリプにピンを合わせる撮り方もすごく素敵やね〜♪





e0158261_07090686.jpg
(PHOTO HIME)
アシビロサンゴヤドリガニです。
彼らが住むサンゴはまだ低水温には強い方なので、
白化はしてますがちゃんと生きてますし、
褐虫藻が戻りつつある個体もいます。
不謹慎を承知で言わせてもらえば、
白化状態の時の方がカニさんが目立ってフォトジェニックだったりもする。。。
リングライトで真正面から光入れての激写です☆





e0158261_07085332.jpg
(PHOTO DAIKING)
ウリ坊(イサキyg.)@南部出しの水路
こうやってただただ魚たちが群れていることが、
どんなに素敵なコトなのか。。。
改めて感じる今日このごろ。





e0158261_07090074.jpg
(PHOTO HIME)
ウチウラタコアシサンゴです。
触手を伸ばしてなかったけど、
美しさは十分伝わりそうな個体だったので、
紹介させていただきました!
この状態のおかげで、
逆に周りのきちゃない岩(笑)との対比ができてよかったかな??





e0158261_07090622.jpg
(PHOTO HIME)
テンロクケボリガイです。
いーっぱいいるので、ここは贅沢に斑点が綺麗な子を選んでご紹介。
ウミウシを海の宝石と言う方もいますが、
僕はこっち(ウミウサギ)の方が宝石やなあと思うんです。
あんまり動かんしねー(笑





e0158261_07090169.jpg
(PHOTO HIME)
ツリフネキヌヅツミガイです。
やっぱ宝石はこっちでしょ!!!
せっっかくのポリプ満開を生かすために、
ズームを使わずできるだけポリプを入れる。
そしてより美しさを際立たせるように背景を黒く落とす。
納得の一枚ですわ〜(^▽^)
いいね!!!





e0158261_07085693.jpg
(PHOTO DAIKING)
コケギンポです。
ええ家見つけたなあ!!!
ただ窓からの景色だけは、ちょっとイマイチ???(笑)





e0158261_10285480.jpg
e0158261_10285482.jpg
我がホーム「みなべ&田辺」の海...
知らんまに青くなって、ぬくなってます。
でもまだ黒潮ちょいと遠いのなあ...
分支流でも入ってきてくれたんでしょうか。。。
とにかくいい感じになってきました。





そして3本目。。。
e0158261_07551337.jpg
e0158261_07551331.jpg
黒潮大蛇行による低水温で壊滅状態のサンゴたちの現状を見るため、ポイント「コーラルガーデン」に行きました。

2月の調査では85〜90%のサンゴが死んでしまっていたのである程度の覚悟はしていましたが、現状はそれをはるかに上回り、どこを見ても藻などで覆われてしまってすでに死んでしまっているサンゴだらけで、藻がついてなくて白化状態のものも少しはあったのでじっくり観察してみましたが、ポリプは確認できず、すでに死んでいるのではと思われる個体ばかりでした。

そんな中ようやく見つけたのが、すでに息絶えているように見えた直径50cmくらいの枝状サンゴの、先端数センチだけ褐虫藻が住んでいる個体が1枚と、限りなく白化に近い状態だけれどなんとかまだ褐虫藻が少しだけいると思われる直径30〜40cmくらいのサンゴが数枚。ポリプもなんとか確認できたので、間違いなく生きている状態のサンゴでした。

ですがこの子たちの生命はとても小さくて弱々しく、これから予想される豪雨による土砂の堆積や台風のうねりなどでやられてしまう可能性が高く、全く安心できない状態です。90%どころではなく99.9%のサンゴが死んでしまった。でもわずか0.1%でも生き残った弱々しいサンゴたちはどうか生き延びて欲しい。そんなことを考えながらそろそろ調査を終えようとボートに向かって移動していたら...

直径20cmほどの小さいサンゴが、白化も全くしていない完全なる姿で存在しているのを発見したのです!死の世界の中で唯一存在する光り輝く命、そこだけまるで別世界のようでした。じっくり近づいて観察してみると、生きている証を思い切り主張するように、ポリプをしっかり出しているのが分かり、思わず「ありがとう、よく生きててくれた」と心の中でつぶやいてしまいました。

これほどまでにサンゴのポリプたちを愛おしく思ったことは今までなかったです。。。

そしてこのわずかな希望は、きっとまだどこかに存在しているであろう元気なサンゴに出会える期待を大きくしてくれました!!!

調査、続行します。



-------------------------------------------------------------------
さあ、海もだいぶ良くなってきましたし、
そろそろアレやりましょうかね〜...
「愛と情熱のサンセットダイブ」開始します!!!

6月9日(土)フォトコン授賞式@みなべ
6月18日(月)〜22日(金)柏島ツアー
7月21日(土)夏祭り@みなべ
7月28&29日(土日)
 カブトガニ産卵&ジョーのハッチ@周防大島
8月10日(金)〜15日(水)
 サンゴ産卵ナイト@みなべ
8月16日(木)〜19日(日)柏島ツアー

すさみの期間限定「見老津エリア」遠征ダイブ
経験本数100本以上限定ポイント「白方」へ
7月7日(土)、16日(月祝)、22日(日)
8月4日(土)、5日(日)、26日(日)
各日定員6名様までです、お早めにご予約お願いします。
尚、平日は2名様以上でいつでも開催可能です。

詳細はお問い合わせください☆
上記以外でも希望があれば遠征ダイブしまっせ〜!
-------------------------------------------------------------------

☆ 潜水屋 DAIKI ☆

by tanabenoumi | 2018-05-22 23:36 | みなべ・田辺 | Trackback | Comments(0) |
トラックバックURL : https://tanabeumi.exblog.jp/tb/27288433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< どっちも☆みなべ・田辺 ページトップ スパルタ塾☆みなべ・田辺 >>
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon