人気ブログランキング |
潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
2009年 04月 01日 ( 1 )
|
|
2009年 04月 01日 |
くもり 午後から波あり 最高気温15℃ 水温16〜18℃ DAIKI


No.1 ミサチ(透明度5〜6m)

今日もハナイカ狙いでエントリーしたのですが、昨日より思いっきり濁っていてしかも根の上は流れあり。。。なのでとりあえず水深を下げ移動していると、こ〜んな子がいました〜!

2009/04/01 Wed._e0158261_7111058.jpg
オオウミウマ  photo  by  myuちゃん

ショウガセの子よりさらに大きく、結構迫力ありました。。。その後はキサンゴカクレエビ、クロスジリュウグウウミウシ、クロスジウミウシ、ジボガウミウシなどを見て水深を上げ、根の上付近では昨日よりはるかに大きい標準サイズのミスガイやラッパウニに住むゼブラガニ、ガンガゼのトゲの間を上手に移動するミヤケテグリ、大きなミヤコウミウシなどに出会いました。そしてエキジット直前にはこの子です。

2009/04/01 Wed._e0158261_715220.jpg
クロヘリアメフラシ(アヤニシキバージョン)  photo  by  myuちゃん

こいつはほんまにカワイイです。この時期にしかみられないので是非見に来て下さいませ。。。って事でハナイカには出会えませんでしたが、充実のミサチでした〜!


No.2 中島(透明度6〜8m)

昨日と同じコースでイロカエルアンコウ&イボイソバナガニを見てからウミウシ地帯へ。ニシキウミウシ(元フルーツポンチ)、産卵中のクロスジリュウグウウミウシ、キャラメルウミウシ、ムラサキウミコチョウ、ミツイラメリウミウシ、サラサウミウシなどを見て、シメはこの子が登場です。

2009/04/01 Wed._e0158261_7231934.jpg
ボブサンウミウシ  photo  by  ラウラウさん

水深がややあって、しかも2本目なので長くいられない状況でこれだけ出会えるのですから、一本目に行けばも〜っとすんごい事になるでしょうね〜!帰る途中にはフサカサゴやオドリカクレエビ、上を見上げるとイサキやアジが湧いてました。そしてこの子もまだいますよ〜!

2009/04/01 Wed._e0158261_7275882.jpg
カエルアンコウ  photo  by  myuちゃん

本家は大きくても色がと〜ってもキレイで、なかなかフリフリしてくれませんが、独特のエスカが特徴です。鉄塔付近ではコケギンポやオラウータンクラブなんかと遊びました〜!


No.3 沈船(透明度5〜6m)

午後から波が出て来たので沈船にエントリーしました。前半は魚礁から岩場をぐるっと周り、アジの大群やヨコスジイシモチ、またこのポイントならではのキレイなニホンアワサンゴなどを見て、このエビさんです。めっちゃええトコにいますよ〜!

2009/04/01 Wed._e0158261_7322985.jpg
オドリカクレエビ  photo  by  ラウラウさん

その後は沈船のカベに貼りつきウミウシタイム。イガグリウミウシのペア、クリヤイロウミウシのペア、スミゾメミノウミウシは数個体集合、極小ウスイロウミウシ、ムラサキウミコチョウ、サラサウミウシ、もちろんアオウミウシは大量発生中です。ラストは沈船の主の相方「チンセンイロカエルアンコウ」とこの子に遊んでもらいました。

2009/04/01 Wed._e0158261_7343342.jpg
イソギンポ  photo  by  ラウラウさん

この個体は沈船に住んでいる子なんですが、ブイロープの途中に住んでいる個体もいて、なんとその子は卵を守ってましたよ〜!
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

会社概要
プライバシーポリシー
利用規約
個人情報保護
情報取得について
免責事項
ヘルプ
White Skin by Sun&Moon