潜水屋DAIKI LOGBOOK
tanabeumi.exblog.jp
Top
2011年 03月 20日 ( 1 )
|
|
2011年 03月 20日 |
No.1  マリンアーチ    水温17℃     透明度10〜12m

No.2  ロングアーチ    水温17℃     透明度8〜10m


やりました。
本日出会ったウミウシ、2ダイブで40種です!

ロングアーチの「ウミウシトンネル」も、
えらいこっちゃのお祭り騒ぎになってました〜(笑

やはり今シーズンは、
どかんと水温が下がった時期が下がったっせいなんでしょうね。。。

では、選りすぐりの14枚(15種&ヒラムシ1種)をお届けしま〜す!



e0158261_5104243.jpg
サガミコネコウミウシ
ちょこんと海藻の上にのってました。ちょいレアです。
ただし、コネコにはとうてい見えません...(笑





e0158261_5104737.jpg
カメノコフシエラガイ
とある穴の中に、数個体固まって入ってます。
ちょいと失敬して1個体に出てきてもらって撮影。
その後ちゃんとお家に帰しておきましたー!





e0158261_5105261.jpg
シラヒメウミウシ
2〜3mmの小さい子。
ウミウシトンネル内にぎょ〜さんいてました!
ただし肉眼ではただの米粒にしか見えません(笑





e0158261_5111077.jpg
クロスジリュウグウウミウシ
口を伸ばして一生懸命食べてます。
ちょっと撮りにくい位置にいたんで、
口をアップで撮れなかったのが残念でした。。。





e0158261_5112160.jpg
クチナシイロウミウシ
春になると一気に増えてくる種です。
キレイな種なので出会い始めはうれしいんですが、
後半になるとイヤっちゅうほどいてるんで...





e0158261_511351.jpg
ムラサキミノウミウシ幼体
と思われてる種です。。。成体はもう少し色鮮やかです。
でもほんまにそうなんやろか?
最近少々疑問なので、もう少し精査が必要かもです〜!





e0158261_5115260.jpg
センヒメウミウシ
名前と言い、見た目と言い、
センスバツグンの種やと思いません???
あ、でも、ただし...大きさは数mmしかありません(笑





e0158261_5121065.jpg
セトイロウミウシ
この種も春から見られる子です。
出会うウミウシで季節を感じる...
これぞウミウシダイバーならではの感覚です〜(笑





e0158261_5122351.jpg
キャラメルウミウシ
毎年まずまず出会う種なんですが、
今年はウミウシトンネル内で大量発生しております!
2個体3個体は当たり前〜!!!





e0158261_5122813.jpg
ヒラムシ(左上)&コールマンウミウシ(右下)
ヒラムシの方が、外敵の少ないウミウシに擬態していると言われております。
が、どのタイミングで、どうやって真似するようになったんでしょうか???
毎年出会う度に考えさせられてしまいます。。。





e0158261_5123357.jpg
ムラサキウミコチョウ&アオウミウシ
ムラサキウミコチョウたちの集会に、
突然乱入してきたアオくん。。。
でもじっくり観察してたら、ちゃんと避けて通ってましたよ。
律儀なアオくんです(笑





e0158261_5123746.jpg
ウデフリツノザヤウミウシ
ロングアーチにチビピカチュウが発生するのを見つけたのが、
かれこれ4〜5年前。。。
それ以来「ウミウシトンネル」と名付けさせていただいてます。
今シーズンも大量発生中やで〜!!!





e0158261_5124918.jpg
ジュッテンイロウミウシ
個体数は少ないですが、
この子もウミウシトンネルに行けばほぼ100%出会えます!
「ウミウシは海の宝石や〜!」と言われる所以みたいな種ですね〜!





e0158261_5125333.jpg
セトリュウグウウミウシ
最後はやっぱり「みなべ・田辺」No.1に登場してもらいましょ〜!
あ、ちなみに、No.1って、勝手に僕が決めただけなのであしからず〜(笑


どないでしょ?
観る楽しみ、撮る楽しみ、そして探す楽しみ。
一度味わうと病みつきになるウミウシダイブ。

息つく間もなく、次から次へと見せますんで、
僕と一緒にウミウシダイブしませんか〜?

今シーズンはほんまウミウシの当たり年ですよ〜!



こちらもご覧くださいませ〜!
 ↓↓↓
「5mm→300mm」
ページトップ
XML | ATOM

Powered by Excite Blog

個人情報保護
情報取得について
免責事項
White Skin by Sun&Moon